• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

安田記念  展望

こんにちはJです。

超豪華メンバーになった安田記念(GⅠ馬9頭)

これほど集まったのは記憶にない

ひょっとしたら宝塚記念よりもある意味豪華になる可能性がある

馬券としてもですが見るレースとしても非常に楽しみなレース

両方楽しみたいですね

昨年10年目にしてようやく的中させた安田記念、今年は連覇を狙う


ジンクス

■前走6着以内

■非サンデー系

■5・6・7歳

■前走上がり2位以内

■近走、連続馬券圏内

■GⅠ2勝以上

■チャンピオンズマイル経由の香港馬


予想

◎ジャスタウェイ

〇エキストラエンド

▲トーセンラー

☆グランデッツァ

△△フィエロ

△1ホエールキャプチャ

△2クラレント

△3ミッキーアイル(好きな馬 20位)


買い目

3連単フォーメーション

1着 ジャスタウェイ

2着 エキストラエンド、トーセンラー、グランデッツァ、フィエロ

3着 上記+ホエールキャプチャ、クラレント、ミッキーアイル


◎軸の馬単折り返し(相手〇~△△)

3連複ボックス(◎、〇、▲、☆、△△、△3)

応援馬券カレンブラックヒル

合計4400円


寸評

本命はジャスタウェイ  ★★★★★☆☆

世界No.1の馬が日本に凱旋

昨年の天皇賞秋から馬が変わって、世界レベルの馬になった

ドバイDFでは世界の馬相手に圧巻のレコードで圧勝

ある意味では安田記念のがメンバーが濃いけど

それでもこの馬が負ける姿はあまり想像がつかない

ユーイチが乗れなくなったのは痛いが

それでも柴田善に変わってもさほど問題ない

見ものはどれだけのレースを見せるかにかかっている

昨年のロードカナロアもそうだが、世界を制した馬に不安はない

スカッとするような圧勝を!


対抗はエキストラエンド  ★★★★☆☆☆

並み居る2番手争いの中からはこの馬を選択

まず、今年に入りマイル路線に移行

そして、その全てで馬券に絡む活躍

確かに着順は徐々に落ちているが相手強化もある

なら今回は外れるんじゃないかと思うでしょうが

昨年のダノンシャークを拾っている自分としては

酷似している状況は見逃せない

正直、2・3着争いは混戦、この馬が大穴を開けると思う


単穴はトーセンラー  ★★★★☆☆☆

昨年の秋のマイル王

京都巧者として有名だが、昨年の秋の切れ味は半端なかった

東京で馬券になっていないが、その内容は(皐月賞と日本ダービー)

天皇賞春で2着になっている馬に距離云々はどうかと思うが

やはりマイルがベストだと思う

豪華メンバーゆえに5番人気に甘んじているが

決して軽くは見れない

逆転もある


特注はグランデッツァ  ★★★☆☆☆☆

史上最強世代との呼び声高い現5歳勢

その中でも際立った素質を光らせていた一頭

皐月賞では1番人気に推されるほどの馬

ダービー敗退後に長期離脱

復帰後2戦でダートで足馴しして、久々に芝で圧巻のレコードで快勝

ここではモノが違うと言わんばかりのレースぶり

同級生、ジャスタウェイに負けるわけにはいかない


連下はフィエロ  ★★★☆☆☆☆

こちらも最強5歳勢の一角

こちらは上がり馬

だが、そのレースぶりは目を見張るものがある

前走のマイラーズCではワールドエースに完敗のように見えるが

初めての重賞、1番人気とマークされる立場だったのも大きかった

今回ははっきり言ってどちらと言えば舐められる部類

このメンバー相手にどこまで?


穴はホエールキャプチャ  ★★★☆☆☆☆

東京のマイルの絶対的な女神

前走のヴィクトリアマイルでは4着に敗れたが決して力負けではない

もしヴィクトリアマイルに勝っていれば3番人気も考えられた

それが負けたおかげで人気が落ちた

流石にジャスタウェイには勝てないと思うが

しぶとく2・3着は十分にある


中穴はクラレント  ★★★☆☆☆☆

こちらも昨年のダノンシャークと似た成績

この血統が本番に弱いのは百も承知だが

混戦の時こそ善戦マン

当然のように人気がないが

恐らく5番手付近で競馬をするはずなので

力は出せるはず

3着に入ってくれると助かる


大穴はミッキーアイル  ★★☆☆☆☆☆

リアルインパクト以来の史上2頭目の3歳制覇を狙う

勝ち馬からの連勝は居ない

この馬の競馬ぶりでこの世代のレベルがかなり分かる

前走ははじめての苦しい競馬だったが、なんとか凌いだ

そうゆう勝つべきレースの勝ち方を知っているのは大きい

古馬との4キロ差はかなり大きいと思うが

このメンバー相手に逃げでどこまでねばれるか・・・

タメ相手でもかなり追い詰められたので

見るレースとしては勝ちを期待したいが


自信度B

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード