• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

日本ダービー  展望

こんにちはJです。

ウインフルブルームが直前で回避という残念なニュースがありました

展開を握る馬だっただけにレースが読みにくくなった

今年は皇太子さまがみえるという

そんな厳かなレースで誰が世代のチャンピオンになるか

楽しみですね


ジンクス

■安定感(掲示板以下1回以内)

■33秒台の決め手

■皐月賞1桁の重賞ホース

■6番より内

■皐月賞、NHKマイル、桜花賞で1~3番人気

■各トライアルで1・2番人気か2着馬に0.2差以上の着差

■きさらぎ賞連対馬

■1番人気の皐月賞馬(4・0・1・1)


予想

◎イスラボニータ

〇トゥザワールド

▲ワンアンドオンリー

☆トーセンスターダム

△△レッドリヴェール

△1ハギノハイブリッド

△2ショウナンラグーン

△3ベルキャニオン


買い目

3連単フォーメーション

1着イスラボニータ

2着トゥザワールド、ワンアンドオンリー、ショウナンラグーン、ハギノハイブリッド

3着上記+ベルキャニオン、レッドリヴェール、トーセンスターダム


馬連

イスラボニーターワンアンドオンリー300円

イスラボニータートゥザワールド300円

イスラボニーターショウナンラグーン

イスラボニーターハギノハイブリッド


応援馬券サウンズオブアース


合計3400円


寸評

本命はイスラボニータ  ★★★★★☆☆

1番人気の皐月賞馬が負けたのは過去15年で2回

一回は泥んこ馬場でロジユニヴァースが勝った時のアンライバルド

もう一回はエイシンフラッシュが勝った時のヴィクトワールピサ

この2頭に共通するのはダービーが初めての東京だった

それ以外の馬は全て勝っている(オルフェーヴル、メイショウサムソン、ディープインパクト、ネオユニヴァース)

そしてこの馬は東京にペっぽう強い(4・0・0・0)

不安はフジキセキ産位なもの(これも杞憂に終わりそう)

そのフジキセキ産も特例だがドリームパスポートという王道馬もいた

正直、上記のデータがあったので何とか1番人気になってくれと思っていただけに

なってくれて安心して頭固定ですね

堂々と2冠達成と見る


対抗はトゥザワールド  ★★★★★☆☆

皐月賞はイスラボニータに完敗の内容

ベストの競馬で負けてしまった

とはいえこちらは外枠で番手を取りに行った結果目標にされた

借料の余地はある

今度は逆にこちらが内枠を引いた

恐らく昨年のエピファネイアと同じような感じになると思う

馬主も同じだし

どちらにしろこの馬が無様な競馬にはなるまい

こちらも優勝圏内


単穴はワンアンドオンリー  ★★★☆☆☆☆

皐月賞の走りで1番人気になるんじゃないかと不安に思っていた馬

結果は2・3番人気になりそう

もっといえば橋口調教師のこともあるしもっと人気するかとも思ったんで不安でした

今回も内枠を引きましたが流石に中山ほどの影響はないので

思う存分末脚を発揮できるはず

7割型この3頭で決まると思えるほど

内を掬ってワンアンドオンリーとなりえる

この馬も優勝圏内


特注はトーセンスターダム  ★★★★☆☆☆

ジンクスはこちらのが上ですが不利な条件が多いのでこの番手で

デビュー前から騒がれた馬

皐月賞では不安部分が全て出たレース

今回こそはと思っていたら外枠・・・

外枠から馬券になったのは14番人気だったアサクサキングスと青葉賞勝ちのハイアーゲームのみ

30分の2という確率ですね

馬鹿でもわかる内目と前目が有利な馬場

豊かが前目に付けるかもしれないが


連下はレッドリヴェール  ★★★☆☆☆☆

ウオッカ以来の快挙を目指す

この世代の牝馬が強いのはもはや説明不要

力を出せれば勝っても不思議ではない

ただ、やっぱり外枠は不利

ウオッカも3番という内枠だったのも好走した要因の一つ

能力で何とか3着が精一杯だと思う


穴はハギノハイブリッド  ★★☆☆☆☆☆

毎年穴を開けるトライアル組の勝ち馬

この馬もその一頭

明らかに距離が伸びて良くなっているので

かなり馬券圏内のチャンスはあると思う

それでも2・3着だろうけど

是非2着に入って穴を開けて欲しいですね


中穴はショウナンラグーン  ★★☆☆☆☆☆

こちらは青葉賞馬

超がつくほどのスローペースを直線13番手から差し切った

その切れ味はワンアンドオンリーに匹敵するのでは?と思った

今回も逃げるはずだったウインフルブルームが回避したので

スローは濃厚

青葉賞馬初のダービー制覇は無理にしても

馬券圏内を賑わすことは可能と見る


大穴はベルキャニオン  ★★☆☆☆☆☆

本来このローテは消しローテなんですが

この馬の東京の相性の良さは見逃せなかった(2・2・0・0)

流石に連対は無理でしょうけど

ワンアンドオンリーが内で詰まり

外枠勢が馬場にやられた場合

2・3着争いを目標にされるトゥザワールドかトライアル勢だろうが

その中で言えばこの馬が一番東京の勝ち方を知っている

大穴を開けるのはこの馬


自信度A



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード