• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

根岸S  展望

今週は川崎記念が行われ

ホッコータルマエが横綱相撲を見せて勝った

今年のフェブラリーSは昨年とは売って変わって豪華になりそう

ホッコータルマエ、ベルシャザール、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズの四天王に

割って入るためにはここを通過点の如く勝たなければならない

それだけのメンバーが集まった

本番に直結しないレースではあるが(メイショウボーラー位か)

特に今年は厳しそうだが、だからこそ馬券妙味が出る

果たして誰が四天王に挑むか


ジンクス

■前走5着以内

■ダ1400の実績(2勝以上か複勝圏内55%以上)

■1600M以上で連対

■前走勝ち

■前走3角5番手以内

■前走上がり3位以内

■距離短縮


予想

◎ドリームバレンチノ

〇アドマイヤロイヤル

▲ブライトライン

☆ゴールスキー

△1ダノンカモン

△2エーシントップ

△3シルクフォーチュン


買い目

◎軸の馬単折り返し

◎軸の3連複流し

合計2700円


寸評

本命はドリームバレンチノ  ★★★★★☆☆

ダート転向初戦でいきなり交流GⅠでエスポワールシチーの2着

そして前走はメンバーが落ちたとはいえダートで1回しか走ったことないうえに59キロ背負って0・6秒差の圧勝

本番は兎も角

1400Mまでなら砂では底を見せていない魅力でカバーできると踏んだ

あのエスポワールシチー相手に初めての砂であそこまでの競馬ができるなら

このメンバー相手でも誇れる実績

新たなダート短距離のトップへ


対抗はアドマイヤロイヤル  ★★★★★☆☆

こちらは1600M以下の常連

安定感はこちらのが上だが混戦の場合勝ちきれるかどうかが勝負になるので対抗までにした

とはいえこの馬が惨敗なんてことは考えずらく

楽に掲示板くらいは乗ってくるはず

得意のダート1400M(2・5・0・1)なら十分勝ち負け

そう安安と新参者にでかい顔はさせたくない


単穴はブライトライン  ★★★★☆☆☆

昨年の史上最強メンバーだったJCDで4着と掲示板に踏ん張った

あとの馬はベルシャザール、ワンダーアキュート、ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズ

そう四天王なのである

それらと互角に渡り合った以上

無様な競馬は出来ない

正直、ジンクス無視して本命馬にしたかったほどだが

調教があまりよろしくなかった

それでも格で圧倒しても全く驚けない


特注はゴールスキー  ★★★★☆☆☆

この馬も十分勝ち負けに数えられる馬

兄はゴールドアリュール

自身もダート転向してしっかり適正を示した

前走の武蔵野ステークスでは一気に頂点に立ったベルシャザール、今回も出ているアドマイヤロイヤルと

メンバーは今回並み、その中で上がり最速で上がってきた結果は4着だったが

十分に見せ場はあった

休み明けの分評価を落としたが

勝っても全然不思議じゃない


連下はダノンカモン  ★★★★☆☆☆

3年前のこのレースの2着馬

それを聞くともう終わった馬に映るが

そんなことは全くない

事実、近3走は全て馬券圏内

相手関係はキツくなったが

元々はアドマイヤロイヤルみたいな馬だった

ノーマークにしたら怖い馬


穴はエーシントップ  ★★★☆☆☆☆

こちらも期待の大きい新興勢力

ただ前走のボロ負けで評価を落としたが

だからこそ狙い目

恐らく地方が合わなかったのだろう

中央に戻った今回なら


大穴はシルクフォーチュン  ★★★☆☆☆☆

2年前の勝ち馬

当てにしずらい脚質ゆえに

難しいところもあるが

ダート版ショウナンマイティ?という位置づけ

自分の競馬をするだけ


自信度B

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード