• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年  アルゼンチン共和国杯  展望

こんにちはJです。

日曜日も重賞2つ全部当てていきましょう

有名な出世レースですね

過去にここの勝ち馬からGⅠ好走馬が出てくることで有名

今回戦前から本命にするはずだったマウントロブソンが居ないので組み立てが大変でした

例年と違う傾向でどうなるか


ジンクス

■2400M以上で1着

■近走2000M以上で上がり3位以内

■前走、条件(OPも含む)で3着以内か重賞で1ケタ

■ハンデ55キロ以下か56キロ以上の重賞ホース

■ジャンポケ、グラスワンダー、ゼンノロブロイ、ハーツクライ産駒または孫

■ロベルト系とグレイゾブリン系

■4歳馬

■東京巧者(3着以内70%以上)


予想

◎スワーヴリチャード

○アルバート

▲ソールインパクト

☆プレストウィック

△1レコンダイト

△2セダブリランテス

△3マイネルサージュ


買い目

3連単1頭軸マルチ

上位5頭の3連複ボックス


合計10000円



寸評

本命はスワーヴリチャード  ★★★★★☆☆☆

ダービーでも本命にした素質馬

この世代で信頼できる数少ない馬

この世代のトップクラスはそれなりの信頼度はある

例年絶対的に本命にする4歳の素質馬が不在なら

3歳馬の新進気鋭を狙いに行く


対抗はアルバート  ★★★★★☆☆☆

トップハンデ58・5は楽ではないがメンバーと長距離適正を考えると外せない1頭

2500M以上のレースで現状アルバートに喧嘩を売る気にはなれない

天皇賞春でも5着だし

スタミナ勝負なら絶対に買い


単穴はソールインパクト  ★★★★★☆☆☆

例年の勝ち馬に1番近いのはこの馬

条件好走から軽ハンで生かして突き抜けるパターン

このメンバーなら好走は可能


特注はプレストウィック  ★★★★☆☆☆☆

ダイワメジャー産駒の長距離砲という異端児

中長距離ならそれなりの信頼度はある

ハンデは微妙に見込まれたがまだ好走範囲

シュミノーでどこまで変わるか


穴はレコンダイト  ★★★★☆☆☆☆

こちらもプレストウィックとほとんど同等の馬

京都大賞典でも上がり2位ですし

調子の良さも引けを取らない

こちらは斤量減なので楽しみな1頭


大穴はセダブリランテス  ★★★☆☆☆☆☆

3戦3勝の3歳馬

本来ならセントライト記念から菊花賞だったはず

それがここまでずれ込んだ

未知の魅力はあるし戦ってきた相手が微妙なんであまり重い印は打てなかったが

一気に突き抜けてもおかしくは無い


爆穴はマイネルサージュ  ★★★☆☆☆☆☆

東京では安定した成績の持ち主

まだ雨の英領はあると思うのでハービンジャーの血が騒ぐ

柴田大に手綱がもどって勝負気配



自信度B

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。