FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年  神戸新聞杯  展望

こんにちはJです。

セントライト記念は順当で来てローズステークスは大荒れ

どちらが本当の姿かな


ジンクス

■1番人気(6・2・0・2)※日本ダービーはすべて3着以内

■春のOP以上のレースで上がり3位以内

■ダービー5着以内

■ダービーで人気

■夏に使われた馬

■直線の長い1600~2000Mで上がり1位

■ラジニケ3歳で1ケタ(差し損ねなら評価UP)


予想

◎レイデオロ(好きな馬  33位)

○キセキ

▲サトノアーサー

☆ベストアプローチ

△1マイスタイル

△2カデナ

△3アドマイヤウイナー


買い目

3連単1頭軸マルチ

上位3頭1着の馬単フォーメーション

合計10500円


寸評

本命はレイデオロ  ★★★★★☆☆

ダービーの時にも書いたがこの世代は個人的に当たり年で牡馬はレイデオロ牝馬はファンディーナと大好きな馬が揃った

しかもトップクラスで活躍している

取り分けレイデオロはすでにGⅠ馬だし、この世代では抜けている

イレギュラーだった展開のダービー馬だけど

自ら動いて最後まで伸びたのだから能力は相当に高い

不安点は菊花賞ではなくジャパンカップが目標なので、権利取りに執着していない点

それでもこの世代では能力は明らかに上勝って古馬へ挑む


対抗はキセキ  ★★★☆☆☆☆

今年最大の上り馬

春の時点である程度名前を売った馬ではあるが

後に皐月賞馬となるアルアインと勝負をしてきた馬

しかもそれなりに善戦している

そうなると世代上位に能力は証明済み

後は確実に出るために権利を取って菊花賞へ


単穴はサトノアーサー  ★★★☆☆☆☆

こちらはその毎日杯で2着馬

上がりは1位だった

決め手勝負になりやすいこのレースにとって脅威の馬

こちらも賞金的に微妙なレベルでしっかり権利で菊花賞へ行きたい


特注はベストアプローチ  ★★☆☆☆☆☆

この世代の№2的存在だったアドミラブルが長期離脱

そのアドミラブルが勝った青葉賞の2着馬

アドミラブルに最後まで抵抗した決め手はここでも大きな武器となる

ダービーでは変則的な展開で力を発揮できなかったが

末脚勝負なら引けを取らない


穴はマイスタイル  ★★☆☆☆☆☆

ダービーでは驚きの4着

前に行ければ相当に強い馬

ハナを切ったら間違いなく好走してくるし

非常に怖い馬

このレース自体は決め手勝負になりやすいためこの評価だが

トライアルであることと展開面を考えると1発がある馬


大穴はカデナ  ★★☆☆☆☆☆

弥生賞を勝った時は相当な馬かなと思ったけど

GⅠ2連戦で評価が落ちた

それでも決め手勝負になればこの世代なら通用する


爆穴はアドマイヤウイナー  ★★☆☆☆☆☆

血統的には菊花賞向き

ここで確実に権利を取っていきたいだけに

勝負駆け気配

何とか権利を


自信度A

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。