• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2016年  エプソムC  展望

こんにちはJです。

昨年は超堅い決着になりました

特に昨年はですが出世レースへと姿を変えつつある重賞

ここで連対した馬が後のGⅠ馬になっている

エイシンヒカリ、ジャスタウェイ、ダノンシャーク

今年も必見レースとなるか



ジンクス

■近2走で連対

■馬番1ケタ特に6番より内

■近2走で上がり2位以内

■スタミナ血統

■前走、新潟大賞典かマイラーズC1ケタか都大路かメイSで人気で3着以内

■4歳馬の1番人気(3・2・3・1)

■グレイゾブリンの血

■東京芝1800Mの重賞で3着以内


予想

◎ラングレー

○フルーキー

▲ルージュバック

☆サトノギャラント

△1ロジチャリス

△2ダービーフィズ

△3アルバートドック


買い目

3連単1頭軸マルチ(相手5点)

3連複1頭軸流し(相手6点)

合計7500円


寸評

本命はラングレー  ★★★★☆☆☆☆

このレースの好走条件が揃った

内枠、都大路、1800M巧者

それに兄弟は皆1800M巧者

リアルスティールもプロディガルサンも

状況的にはブラックタイド的になっているが

この馬も元々はクラシック候補生

ここで勝つ


対抗はフルーキー  ★★★☆☆☆☆☆

昨年の4着馬

メンバーを考えれば止む無しといったところ

昨年の暮れに待望の重賞制覇した今なら

主役級の扱いが当然必要

超豪華メンバーだった中山記念でも4着と崩れておらず

能力は高い

メンバー的にも重賞2勝目と行きたい


単穴はルージュバック  ★★★☆☆☆☆☆

無冠の大器が勝利に飢えています

能力は間違いなくGⅠ級

それが牝馬同士ですら勝てなくなった

むしろ牡馬相手の方のがイイと踏んでこちらに来たのだろう

いいデータと悪いデータの極端な馬

4歳の1番人気は恐ろしい成績ですけど牝馬は絡んだことが無い重賞で外も不利

どちらに出るか


特注はサトノギャラント  ★★★☆☆☆☆☆

常に上位の上りを使う切れ者

新潟大賞典でも買い目に入れたけど

いつ来てもおかしくない馬

絶対的東京巧者

着順が悪いので人気が無いのが逆においしい


連下はロジチャリス  ★★★☆☆☆☆☆

こちらも活きのいい4歳馬

条件を連勝してきてここへ

このレースの好走条件ともあてはまる

不安は前走のメンバーの弱さ

それくらいで

ここは一気に重賞ホースへ


穴はダービーフィズ  ★★★☆☆☆☆☆

この馬も能力は高いが洋芝適正が高すぎるかな

サマーシリーズ狙いでしょうけど

暑くなってきたんでこの馬には走りやすくなったかな


大穴はアルバートドック  ★★★☆☆☆☆☆

この馬は左回りがダメという決めつけでいます

右回りならそれなりに高い能力ですし

ここでも好勝負できる馬

内枠も引けたし後は三浦がどこまでできるか次第


自信度B

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード