• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

エプソムC  展望

こんにちはJです。

春の出世レースととしての位置を確立しつつあるレース

最大の出世頭はジャスタウェイ次にダノンシャーク

この2頭の共通点4歳で人気だったこと

今年はそれが2頭いるので楽しみなレースとなった


ジンクス

■近2走で連対

■内枠

■近2走で上がり2位以内

■スタミナ血統

■新潟大賞典組

■4歳の1番人気(3・1・3・1)※唯一の馬券圏外昨年のマジェスティハーツ

■グレイゾブリンの血

■東京芝1800Mの重賞で3着以内


予想

◎サトノアラジン

○ディサイファ

▲エイシンヒカリ(好きな馬  40位)

☆ユールシンギング

△1アーデント

△2フルーキー

△3ヒラボクディープ


買い目

3連複ボックス

馬単フォーメーション

1着  サトノアラジン  ディサイファ  エイシンヒカリ

2着  ヒラボクディープを除く印の馬


3連単フォーメーション

1着  サトノアラジン  ディサイファ

2着  上記+エイシンヒカリ

3着  印の馬


合計7000円


寸評

本命はサトノアラジン  ★★★★★★☆☆

未完の大器がいよいよ本格化

2歳時からGⅠレベルと言われたこの馬が

やっと重賞に近づいた

ルメールとの相性がいいのか彼が乗ってから勝てる馬になった

ここで結果を出せばデータ的にもGⅠ級を証明

天皇賞秋では本命候補となるが果たして?


対抗はディサイファ  ★★★★☆☆☆☆

昨年の勝ち馬

それ以降はトップレベルの相手と戦い惨敗したが

前走の中日新聞杯ではしっかり勝ちきる重賞大将的な馬

実際一番競馬をしやすいのはこの馬

逃げるエイシンヒカリを捕まえてサトノアラジンの追撃を抑えられる馬はこの馬しかいない

更に重賞タイトルを


単穴はエイシンヒカリ  ★★★★☆☆☆☆

2度目の重賞挑戦

ポテンシャルはサイレンススズカになれる可能性がある

ここは本当に試金石

強い馬しか勝てないとされる東京芝1800M

圧倒的な逃げ切りを期待


特注はユールシンギング  ★★★★☆☆☆☆

最近は絡めてないがエプソムCの主要ローテは新潟大賞典組だった

この馬自身は1800Mに強く(2・2・1・1)

軽視できない

上位3頭を崩すならこの馬が筆頭


連下はアーデント  ★★★☆☆☆☆☆

エイシンヒカリの鈴付け役はこの馬

こちらも展開面では劣化ディサイファになれる

展開によっては勝ちきれる可能性もある

どちらにしろ不気味だ


穴はフルーキー  ★★☆☆☆☆☆☆

安田記念を回避してこちらに回ってきた

意味は一つ

勝ちに来た

そして結果最近の主要ローテとなっているマイラーズC組

1800Mも(2・1・0・0)とパーフェクト連対

ジンクスが少ないので穴になってしまったが

最も怖い馬


大穴はヒラボクディープ  ★★☆☆☆☆☆☆

キズナを筆頭とする新黄金配合

ディープ*ストームキャット

実はこのレースサトノアラジンとエイシンヒカリもそうなのである

エイシンヒカリは特殊だがこの血統は決め手が持ち味

この馬も3着ならあり得る馬


自信度A

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード