京都新聞杯  展望

おはようございますJです。

今週は3歳の重要レースオンパレード

土曜日のトライアル、そして重賞と日曜日には3歳のマイル王決定戦となるNHKマイルがある

どの馬が祭典日本ダービーに進むのか


ジンクス

■京都で3着以内

■芝2000Mで勝利

■凱淀血統

■前走1800~2000Mで4角7番手以内

■内枠先行

■前走、皐月賞1ケタか重賞5着以内か500万特別で連対

■前走500万で連対して上がり3位以内


予想

◎サトノラーゼン

○スピリッツミノル

▲ダノンリバティ

☆アルバートドック

△1ポルトドートウィユ

△2トーセンバジル

△3シュヴァルグラン


買い目

3連複ボックス

馬単フォーメーション

1着  サトノラーゼン  スピリッツミノル  ダノンリバティ

2着  シュヴァルグランを除く印の馬

3連単フォーメーション

1着  サトノラーゼン

2着  スピリッツミノル  ダノンリバティ  アルバートドック  ポルトドートウィユ

3着  サトノラーゼンを除く印の馬


合計7000円


寸評

本命はサトノラーゼン  ★★★★★★★

久々のジンクスすべて持ち

最近はこのパターンの馬が馬券に絡まないことが多いので

今回こそはという思いが強いですね

近年のこのレースでの特徴は勝ち馬は全て前走勝ち

その上で特に多いのが500万特別を勝った馬

そして高速馬場なのである程度の位置にいられること

などすべての条件が重なっている

父ディープもこのレースと相性がよく

ここは勝ってダービーのラストの権利を


対抗はスピリッツミノル  ★★★★★☆☆

前走は逃げられなかったのがすべて

GⅠでしたしそんなに簡単にいいポジションは取れない

それでいて9着と逃げ馬が逃げられなかった割には健闘しているので

今回もスタートが心配ではあるが

逃げられるなら

そのまま押し切ってもいい


単穴はダノンリバティ  ★★★★★☆☆

こちらも皐月賞8着と力を示した

インコースでいいポジションで競馬して

内から抜け出す京都のイメージにぴったり

重賞2着は伊達ではないことを証明する


特注はアルバートドック  ★★★★★☆☆

こちらは能力は全く引けを取らないが

京都で外枠はかなり厳しい

どうしても外を回るし前が止まらない

そこらへんでここまで落ちてしまったが

底力でどこまで?


連下はポルトドートウィユ  ★★★★☆☆☆

前走で大きく裏切られたが

ここでは巻き返してほしい

前走であれだけキレ負けするなんて思わなかったので

ここはチャンス

得意の舞台で巻き返す


穴はトーセンバジル  ★★★★☆☆☆

この馬も2歳の時はクラシック級と騒がれたもの

事実、ハイレベルだった弥生賞で5着ですし

ここに入っても全く引けを取らない

この評価なのは新種牡馬ハービンジャーの評価

スタミナ勝負になりやすいレースとはいえキレの部分でどこまで?


大穴はシュヴァルグラン  ★★★★☆☆☆

ヴィルシーナを姉に持つ良血馬

京都も得意でいかにも穴を開けそう

父ハーツクライでスタミナ勝負にも対応できるはず

やや外目に入った枠が心配だが

どこまで?


自信度A

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード