• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

バンクーバー五輪

こんばんはです。

今日はスノーボードハーフパイプの國母選手の試合

予選で一発で決勝進出

メダルを賭けて強気の試技

1回目の最後で大技ダブルコークに挑戦着地に失敗

口から出血

そして2回目1回目と同じコンビネーション

最後のダブルコークやったかと思ったが着氷時に手をついていた(残念だ)

成功していれば銀はいけたと思う

 

着くずしや受け答えで注目を浴びてきた国母選手

でもそれは彼なりの表現で悪いことではないと個人的には思う

規律やマナーも重要でしょう

しかし

あれが彼のモチベーション維持であるなら自由にさせるべきだと思う

口では騒動は影響ないと言っているが

私は少なからず影響しているはずと考える

私個人の考え方でいえば

結果を残せばどんな態度をとってもいいと思う

 

日本よ鎖国をしていては頂点は取れんぞ

 

日本人は最近ゴルフの石川遼や雄星などイイコちゃんを見すぎてしまった

だからちょっとレールから外れた国母に冷たく当たる

オリンピックは国を代表するものだからきちんとしろ!

そんなものはクソです

オリンピックはスポーツでやっている戦争だ

勝てば官軍なんですメダルを取れればOK

長々と書きましたがこれが私の気持ちです

 

後半戦はメダルラッシュを期待です

では

また会いましょう

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

私は正直、あまり好ましくない態度だと思いますね。
私費でプライベートな旅行中なら着くずそうが自由だと思いますが、
日本国民の代表として税金を投入されている以上それにふさわしい
態度というものがあるかと思います。プロ野球選手だって公費で移動中はびしっとスーツです。

無人島で一人自給自足の生活をしているならともかく特定の文化圏に属している場合
どんな態度を取っても良いなんていうことは絶対にありえないだろうし、
仮に騒動がマイナスに影響していたというなら最初からそんな言動を取らなければ
良かったような気もします。ある意味自業自得ではないでしょうか。
今回の國母選手の言動に批判的な人は少なくないわけですがそういった言動をとる以上
それを受け入れることも覚悟しなくてはいけないかと思います。


メダルさえ取れればある程度批判も少なくなったでしょうが、それでもなお
批判する人も大勢残ることになったと思いますよ。
まあ実際には銀候補どころかかすりもしませんでしたので最悪の針のむしろですが
國母選手が常識ある態度で接していたら、今回のような結果であっても批判するような人の
ほうがむしろ批判されたでしょう。

結局いずれにしても彼は批判されたでしょう。尊敬されるべき選手は
すべからく心・技・体すべて兼ね備えた人でしょう。

そもそも、十代の石川くんや真央ちゃんが大人然とした態度で臨んでいるのに
二十歳過ぎた結婚までしているいい大人の國母選手が反抗期の子どもみたいな
態度をとっているのは何だか悲しいですね。
コメありがとうございます。

結果メダルを取れなかったわけですが

でも日本中にハーフパイプという競技を浸透させたという意味では貢献度は大きいかと

個人的にはヒールだった人間がイイコちゃんになってしまったのが残念です。

最後まであの態度を貫き通して欲しかったですけど。

ではまたお会いしましょう。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード