菊花賞  レース回顧

こんにちはJです。

結果

1着トーホウジャッカル○

2着サウンズオブアース☆

3着ゴールドアクター△2

4着タガノグランパ

5着ショウナンラグーン▲

9着ワンアンドオンリー◎


馬券は・・・見事に3連単をゲット!!!

久々の万馬券、今年初めてじゃないですかね長かった~

たぶん買った中ではかなり付く組み合わせだったのでは?

かなり馬券が上向いてきましたね

これから一気にプラス収支にしたいですね


トーホウジャッカル

新たなスターの誕生ですね

神戸新聞杯3着の上り馬=菊花賞馬

という黄金ローテ

これからの長距離界に君臨し続けそうな感じ

そして日本レコードというオマケつき

次は恐らく有馬記念

どんな競馬をするか楽しみ


サウンズオブアース

この馬も割とベストな競馬だった

ちょっと直線狭くなったがそれでもしっかり伸びてきた

勝ち馬に屈しはしたが力は示した

こちらは次はステイヤーズSかな


ゴールドアクター

やはり長距離適正は半端ない

ただ、まだまだこれからですね

次はステイヤーズSでしょう

まずは重賞取り


タガノグランパ

ここでも4着しましたか

適性がわからないですね

でもベストはやはり結果が出てるマイルのがいいのかな

これからの進路に注目


ショウナンラグーン

やはり長距離適正はあるんですね

いままでで一番良かった

この馬もこれからの重賞界での活躍しましょう


ワンアンドオンリー

やはり祟った外枠

そして単発ダービー馬の相性の悪さ

悪いのがすべて出てしまった結果に

次は恐らくジャパンカップ

スカッとした勝利を見せましょう



スポンサーサイト

菊花賞  展望

こんにちはJです。

今週のGⅠはクラシック最後の1冠菊花賞

過去には最も強い馬が勝つとされてきたレースで古馬の王道を歩んできた馬が多かったが

2000年以降はスピード重視の日本競馬において淘汰されてきたレースだったが

近3年はオルフェーヴル、ゴールドシップ、エピファネイア(この馬はまだ疑問だが)と強い馬が勝っている

今年はどうなるか?


ジンクス

■自身か産駒に長距離GⅠ馬

■2400M以上で3着以内

■前走、神戸新聞杯5着以内(特に勝ち馬と3着馬)、セントライト記念3着以内、2000M以上の1000万特別勝ち

■春に2200M以上で勝つか速い上がり

■内枠(特に1枠)

■京都巧者

■スタミナ血統


予想

◎ワンアンドオンリー

○トーホウジャッカル

▲ショウナンラグーン

☆サウンズオブアース

△1ワールドインパクト

△2ゴールドアクター

△3トゥザワールド


買い目

応援馬券サウンズオブアース

◎軸の3連複流し

◎軸の馬単マルチ

3連単フォーメーション

1着 ワンアンドオンリー、トーホウジャッカル

2着 上記+ショウナンラグーン、サウンズオブアース

3着 ワンアンドオンリーを除く印馬

合計5700円


寸評

本命はワンアンドオンリー  ★★★★★☆☆

今年のダービー馬

もはや能力は疑いようもない

前走の神戸新聞杯では詰められた格好になったが

挑んできた3頭すべて競り落としているわけで着差以上に強い印象を受けた

菊花賞は血統と言われるが

それも父ハーツクライでトニービンの血を持っていて長距離にも強い

もう1つは神戸新聞杯を勝った関西馬が重賞2勝以上の場合(4・2・0・0)でパーフェクト連対

近3年はこのローテで3連勝中

これは今までだが皐月+菊花賞はそれなりにいるがダービー+菊花賞は3冠馬以外は居ないと思います

これくらいですかね不安点は

堂々と2冠達成して最優秀3歳牡馬を近づけたい


対抗はトーホウジャッカル  ★★★★★☆☆

もっとも逆転の多い神戸新聞杯3着馬

過去にはオウケンブルースリ、ビッグウィーク

この2頭にすごく似ている状況なんですよね

ただ決定的に違うのはその年のダービー馬が不在なんですよね

今年はそのダービー馬がいる

なので逆転まではとも思ったが

やはりブレーキ踏んだうえでのあの着差なので

距離が延びれば必然と思ってしまう

血統的にも父スペシャルウィークで長距離GⅠの顔

残念ながら人気になってしまったがそれもまた当然か


単穴はショウナンラグーン  ★★★★★☆☆

こちらは長距離適性は抜群そうな1頭

父シンボリクリスエスは有馬記念連覇で息子のエピファネイアは昨年の勝ち馬

母父は2001年の菊花賞馬マンハッタンカフェ(ちなみにJRAのCM馬)

サイン馬券ではないが臭いのは臭い

そしておばあちゃんがメジロドーベル(長距離のメジロ)

いかにもですね

トップクラスには常に跳ね返されてきたがここで番狂わせできるか


特注はサウンズオブアース  ★★★★☆☆☆

神戸新聞杯ではワンアンドオンリーを追い詰めた

春は素質だけだったが秋になって実がついてきた

素質は重賞レベルといわれてきた馬で

前走を見れば一目瞭然

騎手が長距離の蛯名

一発があってもいい


連下はワールドインパクト  ★★★★☆☆☆

近走の結果だけを見れば頭打ちだが

京都は割と得意(0・2・0・0)

これも騎手で差を付けましたが昨日は不発だったがブドー騎手

この大舞台で何かやらかすかも


穴はゴールドアクター  ★★★☆☆☆☆

こちらは前々から長距離適正というか実際に走って勝ってますし

世間的にも認知されている長距離砲

夏にはどの雑誌でも菊花賞の穴馬として挙げられていた

もっと人気するかと思ったが(現在6番人気)

ありがたいことだが

新たなゴールド伝説を作れるか


大穴はトゥザワールド  ★★★☆☆☆☆

この世代の最強の大関

能力はGⅠ級

先行できるし京都も(3・0・0・0)とパーフェクト

まさに菊花賞向きではあるのだが

やはりそこはキンカメ産駒・・・

長距離に実績皆無、唯一結果を出した馬はローズキングダム(バラの無冠に終止符を打った男)のみ

そしてこの一族は新たな無冠一族でもある

GⅡまでは鬼のように強いがGⅠになると今一歩という・・・

この馬もその傾向が強い

今年の春には3冠馬誕生かとも騒がれたほど

結果善戦マンになっている兄たちに比べればすごくいい感じではあるが

今回も恐らく2~5着なのではと思ってます


自信度B

富士S  レース回顧

こんばんはJです。

結果

1着ステファノス

2着シャイニープリンス

3着レッドアリオン

7着ダノンシャーク◎


馬券は・・・久々の大外れでした

直線向いたときは確実に取ったはずだったんだが

やはり相性の悪いレースですね

これで12年連続で外してます

明日は割と得意な菊花賞なんとかしたいです


ステファノス

ジンクスは1つ

もちろん能力は評価していたが

このレースの3歳馬は人気が無い方が強い傾向が出ていたので・・・

これでマイルCSに出れますね

この世代のマイラーが弱い説は撤回しなきゃですかね

といってもこの馬は王道からの落ちこぼれだが


シャイニープリンス

同じリピーターでもこちらでしたか

ジンクスは3つ

十分買いのレベルだがロサギガンティアを取りました

結果失敗でしたね


レッドアリオン

こちらもジンクス1つ

喜んで消した人気馬だったんだけど・・・

勝ち馬と同じ位置にいて展開が向いたかな

この馬とは相性が悪い


ダノンシャーク

展開的にかなり厳しかったが

それでも恰好はつけて欲しかった

力は十分示したと思うが、やはりこのメンバーなら勝ち負けしてほしかった

本番では人気が間違いなく落ちるはずで

そこからの巻き返しに期待



富士S  展望

こんにちはJです。

今週は、マイルCSの前哨戦の富士Sと牡馬3冠のラスト菊花賞

過去11年未だ的中させたことのない相性の悪い富士S

昨年は3着馬シャイニープリンスがおらず外れました

馬連、馬単なら取れていたんで惜しかったです

今年こそは取りたい


ジンクス

■芝のマイル勝ち(OP以上)

■芝1800M意表の重賞で連対

■東京巧者

■2000M以上の重賞で3着以内

■前走、ポートアイランドか京成杯AH1ケタ

■リピーター

■ダービー馬か菊花賞馬の産駒


予想

◎ダノンシャーク

○トーセンレーヴ

▲エキストラエンド

☆キングズオブザサン

△1クラリティシチー

△2ミトラ

△3ロサギガンティア


買い目

◎軸の3連複流し

◎軸の馬単マルチ

3連単フォーメーション

1着◎

2・3着○▲☆


合計3300円


寸評

本命はダノンシャーク  ★★★★★☆☆

昨年の勝ち馬でマイル界の重鎮

前走関屋記念では58キロを背負い同格のクラレントの2着

それでも0・1差で能力落ちはない

昨年3着だった安田記念では4着に落ちたが

重賞レベル相手なら文句なしに主役

前走から斤量も減って相手も弱くなるなら

連覇も十分と見る

不安は過去に関屋記念から馬券になった馬は0という不吉なデータのみ

データごと蹴散らしてマイルCSに向かう


対抗はトーセンレーヴ  ★★★★★☆☆

ブエナビスタの弟君

毎年のように穴をあけるポートアイランド組

今年はこの馬のみが該当

それだけでも魅力的だがやはりヤネでしょう

ブドー騎手

この一族は外人騎手が乗るとよくなる傾向があるので

そこに期待

人気も無いですし1発お願いします


単穴はエキストラエンド  ★★★★☆☆☆

今年初めには新たなマイル界のスター誕生かと騒がれたが

マイラーズC以降ボロボロに

決して弱いわけではないと思うが

この馬寒い方がいい冬将軍なのではという仮説を立ててみた

今週急激に温度が低くなったので行けるかも


特注はキングズオブザサン  ★★★☆☆☆☆

今年の3歳馬は王道は強いがマイル以下は弱いというのが自分の評価ですね

王道は言うまでもなくハープスターが凱旋門最先着

データ次第ですが今のところ天皇賞秋はイスラボニータから行く予定でいます

ただマイル以下はその大将格のミッキーアイルが安田記念でボロボロになった

この馬に関しては元来安田記念は3歳馬は通用しないのが当たり前で

リアルインパクトが特別すぎた

話がそれましたがこの馬はマイルでは大関レベルだが

前走京成杯AHで完璧な競馬をして負けたしかも4着に

となれば今回もとなるがそこは成長力を加味します

3歳馬が相性のいいレースでどこまで?


連下はクラリティシチー  ★★★☆☆☆☆

こちらも3歳馬

こちらは相手なりの馬でこの世代の物差し馬

前走セントライト記念では大敗し

距離短縮を求めた

東京ではすべて馬券圏内になってますし

3歳馬は人気が無い方のがいい傾向があるので期待


穴はミトラ  ★★★☆☆☆☆

長期休みがなければ今頃は重賞馬は確実だっただろう馬

長期休み明けの関屋記念こそ10着だが京成杯AHでは3着と力を示した

この馬はいつも人気が無いのでありがたいです

ここでも力は上位のはず

東京も得意で一発もある


大穴はロサギガンティア  ★★☆☆☆☆☆

能力は誰もが認めるが、如何せんスタートが悪い

豪華メンバーだった毎日王冠でも上がり最速で7着まで追い込んだ

馬場を考えればすごくよくやっている

今回もスタートは悪いだろうが

流石に前回と比べれば楽な相手だし

混沌マイル路線を制圧できる素質もあるので


自信度C

秋華賞  レース回顧

こんにちはJです。


秋華賞結果

1着ショウナンパンドラ

2着ヌーヴォレコルト◎

3着タガノエトワール△2

4着ブランネージュ○

5着サングレアル


馬券は・・・勝ち馬を買ってないですね(-_-;)

まあ紫苑S組は軽視が妥当なんでしょうがないですかね

それでも今年は取りたかった


ショウナンパンドラ

やはり例年と違う傾向になったか

新潟と京都の高速リンク

しかもファビラスラフィンが長いこと持っていた秋華賞レコードを1秒以上更新

高速馬場の京都はディープ産から行くべきですかね

今回はジンクスが少なかったんでしょうがないです

エリ女は本命かも


ヌーヴォレコルト

負けて強しですね

圧倒的人気を背負って安全に外を回らざる得なかった

スタートも良くなかったし

悪いところがすべて出たかな

それでも2着をキープできる実力

エリ女は人気を奪われるだろうから改めて


タガノエトワール

まるで昨年のスマートレイアーのようですね

出れればエリ女、出れなければ愛知杯ですね

どちらにしろ今回並みの人気が必至

順番はすぐに回ってきそう


ブランネージュ

思ったより前に行かなかったが

それでも掲示板をキープ

能力の高さを証明

この感じだと愛知杯に絞るかな


サングレアル

この馬の競馬はできた

現状はここらが限界か

十分いい競馬をしているが姉が姉だけに可哀想

愛知杯で鬱憤を晴らすか




秋華賞  展望

こんにちはJです。

いよいよクラシックも大詰め

最後の一冠をかけた乙女の戦い

最後を飾るのは?


ジンクス

■桜花賞、オークス、ローズSで3着以内

■ローズS4番人気以内

■内枠

■先行馬(先行できるもOK)

■ダートにゆかりのある血統

■クイーンS出走

■1番人気(2・1・3・3)


予想

◎ヌーヴォレコルト

○ブランネージュ

▲バウンスシャッセ

☆マーブルカテドラル

△1レッドリヴェール

△2タガノエトワール

△3リラヴァティ


買い目

◎軸の3連複流し

◎軸の馬単マルチ

3連単フォーメーション

1着 ヌーヴォレコルト、ブランネージュ

2着 上記+バウンスシャッセ、マーブルカテドラル

3着 ◎を除く上記+レッドリヴェール、タガノエトワール、リラヴァティ


応援馬券オメガハートロック


合計4800円


寸評

本命はヌーヴォレコルト  ★★★★★☆☆

現状この馬に死角はない

前走で好意からの競馬でも楽勝だった

さらに今回、内枠も引いてある程度の位置での競馬も視野に入る位置

死角がない

不安要素を上げるとすれば、進路がないパターンだが

そこは岩田だしなんとかするだろう

最優秀3歳牝馬の受賞のためには2冠牝馬であることは絶対条件

まずは暫定牝馬ナンバーワンを


対抗はブランネージュ  ★★★☆☆☆☆

はっきり言って本命馬を負かせる唯一の相手だと思ってます

絶好の1枠1番をゲット

まずハナを切れる位置

マイペースで行ってヌーヴォレコルトが直線で弾けなかった場合

勝てる可能性が高くなる


単穴はバウンスシャッセ  ★★★☆☆☆☆

本来は消しの紫苑S組

だが今年は新潟開催だったので一応救いの手

ではなぜ1・2着馬を消してこの馬かといえば

オークス3着を大いに評価したからです

確かにオークス以降はボロボロだけど

だからこそ人気も無いしおいしい


特注はマーブルカテドラル  ★★★☆☆☆☆

さほど大負けはしてないが徐々に着順が悪くなっている

そのほとんどが出遅れで勝機をなくしていることがほとんど

実力を完ぺきに出せればこのメンバーなら2~4着位の実力は元々ある馬

ここで驚かせたい


連下はレッドリヴェール  ★★☆☆☆☆☆

この馬がここまでの番手になるとはね

それだけに前走のローズSがあまりにもふがいなかった

直線全く弾けずなだれ込んだだけ

ステイゴールド産で成長力がないわけがないんだけど

このレースは巻き返しを期待された馬はあまり来ないが

どこまで


穴はタガノエトワール  ★★☆☆☆☆☆

それにしても前走には驚かされましたね

未勝利を勝ったばかりの馬がいきなり重賞で連対するなんて思いもしなかった

それだけこの世代はトップとそれ以下の差が激しいことの証明ともなった

今回も2番手以下の争いが濃厚だが

あまりにも人気だから美味しい存在ではないけども

馬券圏内なら有力


大穴はリラヴァティ  ★★☆☆☆☆☆

ずいぶん外に入ってしまいましたね

前回はそれでも3着に粘った

今回は多少なり相手が強化されるし

ブランネージュとの兼ね合い次第だけど

もし行かせてもらえたなら逃げ切りもある


自信度B

府中牝馬S  レース回顧

こんばんはJです。

さっそく

1着ディアデラマドレ△2

2着スマートレイアー◎

3着ホエールキャプチャ○


馬券は・・・見事3連複を的中!

ただし今回は取り紙になってしまった

きっちり当てられていることは大きいが

やはりプラスに転じたい明日の秋華賞も当てたいところ


ディアデラマドレ

スマートレイアーとほとんど同じ競馬

この馬のが若干内にいた分勝てた

これで重賞2勝目

エリザベス女王杯では明日のレース次第だが3番人気(ヌーヴォレコルト、メイショウマンボの次)か?

ひょっとしたらもう少し人気が無いかも


スマートレイアー

自分の競馬をして負けたならしょうがないところ

勝ち馬のが内にいた分の差

競馬hこちらが上だった

本番では逆転を狙う


ホエールキャプチャ

やはりここは好勝負でしたか

ただやはりマイルがベストのようで

ここからマイルCSに向かえば面白いかも


府中牝馬S  展望

こんにちはJです。

今週からGⅠが始まります

スタートダッシュを決めたいところ

土曜日のメインはエリザベス女王杯の前哨戦府中牝馬S

あまり本番とは直結しないレースだが楽しみな一戦


ジンクス

■1番人気(1・2・3・4)

■33秒台の決め手(準OP以上で連対)

■SSやグレイゾブリンの血

■クイーンS組(連対かGⅠ3着以内)

■前走2000M以上の牡馬混合重賞で3着以内

■リピーター

■芝1800M以上での勝利


予想

◎スマートレイアー

○ホエールキャプチャ

▲スイートサルサ

☆キャトルフィーユ

△1ウリウリ

△2ディアデラマドレ


買い目

◎軸の3連複流し

馬単フォーメーション

1着◎○▲

2着上記+☆△1△2

合計2500円


寸評

本命はスマートレイアー  ★★★★★☆☆

昨年の秋華賞では2着

それ以降はすべて1番人気に推される馬

GⅠヴィクトリアマイルでも1番人気に推される馬

素質はいつGⅠ馬になってもいい

今回ベストともいえる芝1800M

開幕2週目の馬場で前が止まらないのは怖いが

内枠なら何とかなるはず

ここは好勝負必死


対抗はホエールキャプチャ  ★★★★★☆☆

昨年の勝ち馬で唯一のGⅠ馬

前走の札幌記念ではぶっちぎられたがハープスター、ゴールドシップの3着

そんな馬が55キロで出れるなら本来は本命でいい

スマートレイアーを上に取ったのは枠順

先週もそうだがこのコースは内枠と先行馬が圧倒的に有利

能力でどこまで


単穴はスイートサルサ  ★★★★☆☆☆

こちらは昨年の3着馬

それ以降はまた準OPまで落ちて

似た臨戦過程で今年も参戦

得意のこの舞台で復活なるか


特注はキャトルフィーユ  ★★★☆☆☆☆

こちらもいい枠を引きました

現役で今一番安定している牝馬でしょうね

ヴィクトリアマイルでは5着ながら0・1差

こちらもいつ取れてもいい

上手く先行できれば重賞連勝も十分


穴はウリウリ  ★★★☆☆☆☆

この馬はマイラー色が強いが

1800Mも得意(1・1・1・0)

このレース、サンデー*デピュティミニスターという配合がやたら強い

そこも高評価


大穴はディアデラマドレ  ★★★☆☆☆☆

こちらはマーメイドSで重賞制覇

2キロ増えたクイーンSでは5着に負けた

今回は1キロ減って54キロ

馬券圏内が見えてきた


自信度A

毎日王冠  レース回顧

こんばんはJです。

さっそく


1着エアソミュール☆

2着サンレイレーザー

3着スピルバーグ△1

4着ディサイファ◎


馬券は・・・ディサイファが4着になってしまい外れてしまいましたね

かなり惜しかったんだが


エアソミュール

これで重賞2勝目!今年最大の上り馬でしょう

今回は今く立ち回れたことも大きい

これで天皇賞秋へのチケットをゲット

本番では更なる大物食いに挑む


サンレイレーザー

この馬が逃げてそのまま残るとか無理な予想ですわ(笑)

次は福島記念あたりなのかな

次も逃げtるのか楽しみですね


スピルバーグ

流石に巧者っぷりを発揮したが

如何せん開幕週で前は止まらない

それでいてこの競馬なのだから恐れ入る

次は出れれば天皇賞秋でしょう

出れなければ金鯱賞か


ディサイファ

流石に安定していますね

最後はキレ負けしたが

十分強い内容だった

次は福島記念かなレベル的に

次は勝つ



毎日王冠  展望

こんにちはJです。

昨日はいちょうSで見事馬単をゲット!!

サトノフラムが伸びを欠いてくれたお陰でかなり付きました

本当に秋になって当たり始めてきていますね

日曜日は天皇賞秋直結の毎日王冠

着順がいい馬が活躍するわけではないが上位に来なければ話にならないのも事実

今年は前頭5枚目から関脇クラスまでと総合的な質ではかなり豪華なメンバー

果たしてどんなレースに?


ジンクス

■馬番1ケタ

■SS系かグレイゾブリンの血

■近3走で2000M以上を経験

■マイルGⅠ連対馬

■近3走で上がり3位以内

■同年の重賞で3着以内

■東京実績(2勝以上か4度以上の馬券圏内)


予想

◎ディサイファ

○ロサギガンティア

▲ダークシャドウ

☆エアソミュール

△1スピルバーグ

△2ワールドエース

△3ロゴタイプ


買い目

◎軸の3連複流し

◎軸の馬単マルチ

合計2700円


このレースも過去に的中させたことのない相性の悪いレース

今年こそ当てたい


寸評

本命はディサイファ  ★★★★★☆☆

今年のエプソムCでやっとの重賞制覇

ディープ産にしては遅咲きで充実期に入った模様

史上最強世代と言われている現5歳

その中ではかなり地味な馬だが安定感は相当なもの

ほかの5歳馬は派手だが1着か惨敗かと極端な馬が多い

東京も、芝1800Mも得意で有利な内枠もゲット

この馬に勝ってくれと言わんばかりの要素満載

メンバーが地味に豪華なのも陰に隠れていい


重賞連勝していざ天皇賞秋へ


対抗はロサギガンティア  ★★★★★☆☆

今年の3歳の中では関脇クラスの馬

出遅れ癖がひどいが能力は相当ある

今年は当たり年のフジキセキ産駒

NHKマイルではまともに出ていれば楽に勝っていただろう末脚を披露

近年の3歳馬有利の傾向から十分有力


単穴はダークシャドウ  ★★★★★☆☆

3年前の勝ち馬

一時期は完全に終わった馬であったが

今年のエプソムCで3着に好走して

前走の函館記念でも2着した

もう一度ギアが入った模様でパワーアップしている

元々天皇賞秋で2着している実力馬3・2・1と行きたい


特注はエアソミュール  ★★★★★☆☆

今年に入って力をつけてきた1頭

鳴尾記念で重賞制覇して秋以降の活躍が求められる馬

負けた2走は内回り中山と小回りの札幌(共にGⅡでレベルも高かったが・・・)

末脚が生きるコースなら楽しみな存在

舐められてる今回なら美味しい存在

きっちり勝って見せましょう


連下はスピルバーグ  ★★★★☆☆☆

芝1800Mを3連勝して重賞の舞台に戻ってきました

条件としては恐らくベストの東京芝1800M

その資質は本命馬と遜色ない

元々はクラシックを期待された馬

勢いに乗って重賞制覇だ


穴はワールドエース  ★★★★☆☆☆

最強世代の中でも素質は№1と言われてきた馬

その名の通り世界のエースとなるはずの馬だった

怪我で長期休養を余儀なくされたが素質は衰えていない

ただただ運がない馬

今回も大外になってしまった

本来なら消しの東京芝1800の大外

規格外の強さで克服してほしい


大穴はロゴタイプ  ★★★☆☆☆☆

ジンクス的には9頭目(ウインマーレライ、ダイワマッジョーレともにジンクス4つ)

だが

GⅠ馬に敬意を表して買い目に加えました

なんだかんだで格がモノをいうレースなんです

過去GⅠ馬で馬券圏外はダイワメジャーとスイープトウショウのみ

レベル的には飛ぶ確率のが高そうに見えるが

開幕週の馬場で先行できる強みは大きい

格の違いを見せたい


自信度C

いちょうS  展望

こんにちはJです。

先週は凱旋門賞でした

結果はハープスターの6着が最高と期待を大きく裏切った結果に

今年はかなりの期待値があっただけにショックも大きかった

やはり期待されてしっかり活躍したディープインパクトやオルフェーヴルは別格なのだろう

ジャスタウェイは未定だがハープスターはJC、ゴールドシップは有馬記念を予定

日本競馬を盛り上げてほしいですね


今年から重賞に格上げされたいちょうS

昨年はイスラボニータが勝ってクラシックホースに

今年はマイルに戻ってなんでデータとして使えない

なんで簡単に


予想

◎サトノフラム

○ネオルミエール

▲グァンチャーレ

☆クラリティスカイ

△ミッキーユニバース


買い目

馬単ボックス

2000円


過去のレースは徹底的な人気決着

5番人気以下は連対していないみたいなんで

恐らく人気上位5頭で馬単ボックスにしました

モノが違う印象を持ったサトノフラムが本物かどうかですかね

先行して33秒台の決め手、チートか(笑)

まずはデータ収集ですね


スプリンターズS  レース回顧

こんにちはJです。

では早速


1着スノードラゴン

2着ストレイトガール☆

3着レッドオーヴァル△1

4着グランプリボス△3

5着ベルカント

13着ハクサンムーン◎


馬券は・・・軸馬が来ず惨敗ですね

正直あの展開で負けるとは思わなかった

見た目以上にタフなレースだったか


スノードラゴン

芝で勝ったことのない馬が芝のGⅠ馬になってしまいました(笑)

次のレースの選択が困りますね

JBCスプリント?マイルCS?それとも・・・

どちらにしろマルチな馬


ストレイトガール

流石に安定してますね

勝ちきれないまでもしっかりとした競馬

来年こそはGⅠ馬に


レッドオーヴァル

惜しかったですね

調教師4連覇は難しい

この馬も次世代のチャンピオン候補の一頭

次は阪神Cかな


グランプリボス

やはり能力はありますね

次はマイルCSでしょう

どんな馬が出てくるかわからないが

まずジャスタウェイは居ないでしょう(笑)

次はチャンス


ベルカント

やはり前に行ってこそですね

この馬も次世代のチャンピオン候補

次はスプリンターの出世レース京阪杯だろう


ハクサンムーン

あの展開で負けたら仕方がない

ベストの3番手から4角でほぼ先頭

これで負けたなら能力の限界かも

重賞での信頼はあるがってところですか



スプリンターズS  展望

こんにちはJです。

昨日は安いながらもしっかり的中し、予想の筋はよくなってます

秋競馬のスタート、GⅠスプリンターズS

昨年はマヤノリュウジンのお陰でガチガチの2頭のワンツーにもかかわらず万馬券をゲット

今年は12年ぶりの新潟開催、ジンクスがどの程度生きるか分からないが

例年通りのジンクスで的中を狙います


ジンクス

■先行馬

■前走3角3番手以内

■大系統ノーザンダンサーを持つ

■前走セントウルS4着以内

■7枠

■内枠の差し馬

■GⅠ連対馬


予想

◎ハクサンムーン

○ローブティサージュ

▲コパノリチャード

☆ストレイトガール

△1レッドオーヴァル

△2ガルボ

△3グランプリボス


買い目

コパノリチャードの応援馬券

◎軸の3連複流し

◎軸の馬単マルチ

◎1着の3連単


合計5900円


寸評

本命はハクサンムーン  ★★★★★☆☆

昨年の2着馬で現役トップクラスのスプリンター

今年はこの馬の時代と誰もが思ったがオーシャンSで大敗してからリズムが狂った

上手くスタートが切れなくなっているのが要因だろう

しかしそれでも前走のセントウルSでは勝ち馬には屈したが

しっかり連対を確保

セントウルでチョイ負け本番勝つのはある意味黄金ローテ

ここでGⅠ馬となる


対抗はローブティサージュ  ★★★☆☆☆☆

かつての2歳女王がスプリンターとして開花し始めた

スプリント戦では2戦2連対

そして例年のとおり内枠の差し馬はこの馬

去年と比べるとだいぶ人気になってしまうが(笑)

十分勝ちきれる力はある


単穴はコパノリチャード   ★★★☆☆☆☆

今年の高松宮記念の勝ち馬

そのスピードは桁違いで誰もが新たな怪物の誕生だと思った

そして得意の1400Mの京王杯SCでまさかの負け

ひょっとしたらスプリンターとして目覚めてしまったのかも

スプリント春秋制覇は十分に可能性がある


特注はストレイトガール  ★★☆☆☆☆☆

今年の高松宮記念では1番人気を背負った馬

結果は3着だが十分力を示した

前走は前が空かなかったアクシデントでのもの力負けではない

安定度で言えば一番の馬

ここも好勝負必死


連下はレッドオーヴァル  ★★☆☆☆☆☆

この馬には史上初の調教師4連覇がかかる

偉大な先輩を見てきたこの馬

スプリンターとして超一流になる可能性は大いにある

問題は元来のスプリンターズSならサンデー系とバクシンオー産は消しというのがセオリー

ただ、今年は新潟開催なのでディープの庭

それでどこまでできるか


穴はガルボ  ★★☆☆☆☆☆

寒い時期にしか走らない冬将軍ガルボが夏競馬で結果を残した

これはどうゆうことなのか

こちらもスプリンターとして目覚めつつあるのか疑問は残る

疑問のうちに買うのが万馬券のコツ

サンデー系もダート兼用馬なら(といってもフジキセキしか来たことないが)に期待


大穴はグランプリボス  ★★☆☆☆☆☆

昨年は色物での参戦だったが0・3差の7着と大健闘

スプリンターとして目覚めたかと思えば

今年のベストレース候補の1つ安田記念で世界のジャスタウェイを苦しめた

今日の凱旋門の結果如何ではすごく価値のあるレースになるかもしれない

よって実力は疑いようもないので楽しみ


自信度A

シリウスステークス  レース回顧

こんばんはJです。


1着クリノスターオー△2

2着ナムラビクター◎

3着トウシンイーグル


馬券は・・・馬連のみの的中。

馬券はしっかり取れたけど

3連系が取れないとやはりきつい

直線向いたときはサトノプリンシパルで結構つくかもと期待したが


クリノスターオー

完全にニューヒーローの誕生

後は一線級のみ

JBCクラシックに出れればいいですね


ナムラビクター

勝ち馬が一枚上手でしたね

トップハンデを背負い勝ちに行く競馬をしてこの競馬なら仕方がない

次はみやこSでしょう

頑張ってほしいところ

トウシンイーグル

悔しいですね

ジンクス0のサトノプリンシパルを買って

8番手のこの馬を切ってしまった

反省ですわ

ジンクス0は来たら仕方がないと思わなきゃですね

シリウスステークス展望

こんにちはJです。

いよいよGⅠが始まりますし

何と言っても期待が高まる凱旋門賞

ワクワクが止まらない週末ですね


まずは土曜日のメイン、シリウスステークスから

ここから始まるチャンピオンCへの出走サバイバル

まずはどの馬が抜け出すか?


ジンクス

■オークランド組(4・0・0・1)

■1番人気(2・1・1・3)

■芝・ダート兼用血統

■近2走で上がり3位以内

■芝の上級条件で実績

■リピーター

■ダート2000M以上での実績


予想

◎ナムラビクター

○グランドシチー

▲ケイアイレオーネ

☆ソロル

△1ジェベルムーサ

△2クリノスターオー

△3サトノプリンシパル


買い目

◎軸の3連複流し

◎軸の馬連流し


合計2100円


寸評

本命はナムラビクター  ★★★★☆☆☆

ベストの条件が来ましたね

阪神ダ2000Mこの条件なら馬券圏内は外さない

相手関係も何度も戦ってきている相手ですし

問題ないかと

トップハンデがどこまで堪えるかという勝負になりそう

それでも実力的にはここを通過点としたいところ


対抗はグランドシチー  ★★★★☆☆☆

昨年の3着馬

リピート率の非常に高いこのレースでどこまでできるか

近走は全く振るわないが重賞レベルならもっとやれていいはず

復活に期待


単穴はケイアイレオーネ  ★★★☆☆☆☆

こちらは昨年の勝ち馬

近走不振でもここでいきなり激走する馬を何度も見てきた

予想する前はこの馬から行こうとも思ったほど

激走しましょう


特注はソロル  ★★☆☆☆☆☆

今年のマーチSの勝ち馬

今現在のダート中距離重賞の門番的存在の1頭(後はナムラビクターとジェベルムーサ)

この3頭はほぼ互角で条件や展開斤量などでコッロッと順位が入れ替わる

当然この馬も優勝圏内


連下はジェベルムーサ  ★★☆☆☆☆☆

こちらは門番の中で一番の格下

だがポテンシャルは一番かも

この馬がいつも人気ですし

今回も3番人気くらいでしょう

今度こそ重賞を取りたい


穴はクリノスターオー  ★★☆☆☆☆☆

この馬はいきなりスイッチが入りましたね

今回はダート戦にしては前に行く馬が少ないので

展開は向くはず

前走ではGⅠ馬ローマンレジェンドに屈したが

重賞なら大将格だという証明した

57・5を克服できれば優勝圏内


大穴はサトノプリンシパル  無し

ジンクスは無いですが

あまりにも展開が向きそうなので滑り込ませました

単騎逃げなら怖い

斤量も55キロですし一発はあるかなと


自信度B

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード