• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

桜花賞  展望

こんにちはJです。

いよいよクラシック第一弾桜花賞

今年は怪物牝馬がいるが果たしてどうなるか


ジンクス

■OP以上のマイル戦で3着以内

■マイルで34秒前半以上の末脚を持つ

■7・8枠

■前走1着

■チューリップ賞組み

■1800M以上を経験

■クイーンCかエルフィンSから直行


予想

◎ハープスター

〇リラヴァティ

▲レッドリヴェール

☆フォーエバーモア

△△ヌーヴォレコルト

△1マーブルカテドラル

△2アドマイヤビジン


買い目

3連単フォーメーション

1着ハープスター

2着リラヴァティ、レッドリヴェール、フォーエバーモア、ヌーヴォレコルト

3着上記+マーブルカテドラル、アドマイヤビジン


ハープスター、レッドリヴェール、フォーエバーモアの3連単ボックス

応援馬券レーヴデトワール

合計2800円


寸評

本命はハープスター  ★★★★★☆☆

これまで圧倒的なパフォーマンスを見せてきた

最後方からブチ抜くという大味な馬だが

その破壊力は異次元のレベル

この時点で色々な名牝と比べられているが

比べることすら烏滸がましいレベルの馬に育つかも

阪神JFは誰が見ても負けて強し

直線で素直に追い出せれば負ける要素がない

今回は大外だし終始外を回ってブン回して勝つ

先行馬もそこそこいるのでペースは平均以上で流れるはず

そうなれば、いやそうならなくてもほぼ負ける要素なし

加えてディープ産がこのレース3連覇中で今回はこの馬だけがディープ産(ちょっと意外)

勝って3冠か凱旋門賞か取りましょう


対抗はリラヴァティ  ★★★★★☆☆

ほぼ毎年馬券になるチューリップ賞の敗者

チューリップ賞1着→桜花賞1着はブエナビスタ以来出ていない

ジェンティルドンナはチューリップ賞4着でしたからね

要は超スーパーホースでなければ出来ない(今年はまさにその年)

そして人気になりにくいチューリップ賞善戦馬

今年はこの馬でしょう

フェアリーSとチューリップ賞で連続3着

出ていれば恐らく4強と言われていただろうオメガハートロックの3着

ハープスターに打ち抜かれたとはいえ

踏ん張ったチューリップ賞

1角くずしの2・3着は十分にある


単穴はレッドリヴェール  ★★★★☆☆☆

ハープスターに唯一土をつけた馬

そしてこの馬は牡馬混合重賞を含めて無敗で2歳女王になった馬

例年ならこの馬が圧倒的1番人気でもおかしくない

それでも2番人気なのは相手がより化け物だから

でも逆転の目は十分にある

並びさえすればこの馬の根性は並みではない

どんな競馬でも苦にしないので展開不問

この馬も勝って無敗を続けたい


特注はフォーエバーモア  ★★★★☆☆☆

阪神JF3着馬

恐らく有力ところでは一番前にいる馬

この馬の武器はソツのない競馬ができること

もしハープスターとレッドリヴェールが馬群を捌くのに時間を要すれば

そのまま押し切っても不思議ではない

最近よく馬券になる関東馬

楽しみが大きい


連下はヌーヴォレコルト  ★★★☆☆☆☆

チューリップ賞2着馬

ハープスターには打ち抜かれたが

しっかり権利をキープした

父ハーツクライでこれからの馬

一気に成長する可能性もある

さすがに勝てるレベルではないとは思うが

2・3着は十分にある

上手く2着に入ってくれればありがたい


穴はマーブルカテドラル  ★★★☆☆☆☆

この馬もソツのない競馬をする

ただ前回のアネモネSは正直、楽勝して欲しいレベルだった

御陰で人気はないのだけど

ある程度の位置から競馬すると思うけど

上手く流れに乗って3着に入ってくれればありがたいかな



大穴はアドマイヤビジン  ★★☆☆☆☆☆

この馬はベストは1400Mだけど

その1400Mで負けてしまいましたからね

でも末脚はなかなかのもの

例年通りなら、桜花賞は外差しが圧倒的に有利

ハープスターに付いていく形をとれば

3着に入ってくれるかも


自信度A

スポンサーサイト

菊花賞 展望

おはようございますJです。


では、さっそく


傾向

■自身か産駒に長距離GⅠ馬

■春に2200以上で勝っている

■古馬と重賞でやって好走

■SS*ロベルト

■神戸新聞杯3~6着

■春に速い上がり

■セントライト組は上がり馬のみ


予想

◎14番オルフェーヴル

○13番ウインバリアシオン

▲18番ショウナンマイティ

△10番ロッカヴェラーノ、8番ベルシャザール(好きな馬 歴代42位)、9番ダノンミル


買い目

3連複ボックス

上位3頭の馬単ボックスと3連単ボックス

14番軸の3連複流し

3連単

1着オルフェーヴル

相手13,18,8


寸評

本命はオルフェーヴル

神戸新聞杯を勝った馬ならディープと同じだろう

戦績はナリタブライアンだけど

3冠濃厚ですね

不覚を取るとしたら先行馬だが

ディープと違って、好位差しができる分有利

馬場展開不問の強みはナリタブライアンそのもの

いざ史上7頭目のトリプルクラウンへ


対抗はウインバリアシオン

神戸新聞杯では完全に水をあけられた

だが、騎手がネオの3冠を阻止したアンカツ

これほど頼もしいパートナーはいないだろう

恐らくオルフェをマークする形になるはずで

先に動きたいですね

後に追い出したのではキレ負け必至

ヨーイドンにはならないように願う


単穴はショウナンマイティ

大外なのが気になるが

菊男のユタカを背に1発を狙う

ソングオブウインドの再現へ


穴はロッカヴェラーノ

ヤネが川田になり

脚質から去年のビッグウィークの再現なるか

来ら相当付きますね

オルフェ、バリアシオンで決まっても万いくんじゃないかな?


自信度B

凱旋門賞2011

こんばんはJです。


今年の凱旋門賞はなかなかにハイレベルなメンバーだが

ヒルノダムールの前哨戦の走りで

そこそこ期待できそうな感じではあった

果たして?


1着デインドリーム

2着シャレータ

3着スノーフェアリー

4着ソーユーシンク

7着サラフィナ

10着ヒルノダムール

11着ナカヤマフェスタ


勝ったのはドイツの3歳牝馬デインドリーム

5馬身差の圧勝でした

ドイツ馬が優勝したのはこれで2頭目だそうで

なかなかの快挙ですね

それにこの馬

エリザベス女王杯に登録してるみたいで

是非来てくれないかなと思うが・・・

まあ来ないでしょうね

来るとしたらスノーフェアリーの方かな


シャレータはスゴイ粘りですね

残り300でデインドリームに交わされてもなお伸びるというのがすごい

今回は勝ち馬がすごかった


スノーフェアリーは今年は勝ててないけど安定感はありましたからね

それに日本にも馴染みのある馬で

そーゆー意味ではちょっとは嬉しかったけど

とにかくデインドリームが強すぎる


それにしても凱旋門で牝馬が上位独占とはね

人も馬も世界も女が強いということか



ヒルノダムールはいい感じで直線向いたんですけどね

手応えが違いすぎる

日本馬には期待してはダメということですね

期待して好走したのは

エルコンとディープのみ

去年のフェスタは期待されてなかった

むしろ3歳として挑んだヴィクトワールのが期待されていたから

今回もフォア賞の出来から

或は日本馬初か?

と思う出来だった

現に5番人気でしたから


ナカヤマフェスタはよく伸びてはいたんだけどね

結局ワークフォースより先着しただけ

このレベルの馬なら納得

去年が出木過ぎなんですよ


日本に帰ってきても、下手したらトーセンジョーダンより下の評価になる可能性もありますね

ヒルノダムールは春天があるのでそんなに評価は下がらないと思うけど


これで俺の理論が完成しました

凱旋門に挑むには最低GⅠ3勝もしくは2勝で2~3着が2回以上の馬であるのを条件にしたほうがいい

なまじ、去年のフェスタが好走したから

自分たちもと思ったのだろうけど

そんなに甘いレースではないです

むしろ恥を晒すだけ

日本で王者を張れない馬が世界で通用すると思うほうがおかしいです

だから、あの条件を付けて欲しいんです

今現役で挑んでいいのは

ブエナビスタ、アパパネ、ヴィクトワールピサ、オルフェーヴル

だけですね

ローズキングダムは一つが2歳だしジャパンカップは繰り上がりなので

除外


なので来年はオルフェーヴルで挑みましょう


レース回顧

こんばんはです。

さっそく今日の結果を見てみましょう

ダイヤモンドS

結果

1着 フォゲッタブル

2着 ベルウッドローツェ

3着 ドリームフライト

 

また3頭中2頭留り

やはりフォゲッタブルでしたか1頭、横綱相撲で完勝でした

今年の春天は例年に無く実力馬のハイレベルな戦いが見られそうです

 

つづいて、きさらぎ賞

結果

1着 ネオヴァンドーム

2着 レーヴドリアン

3着 ステージプレゼンス

こちらも2頭まで

うーん

これではワイドを買いたくなるよなぁ~

それにしてもレーヴドリアンはダービーがすごい楽しみになる1頭ですね

ただ一頭末脚にかけて勝ったも同然の2着

負けて強しとはこの事ですね

マイホースのインペリアルマーチは良くがんばったと思います

あとはキャリアを積めば大きいところも狙える筈なのでがんばって欲しいです

 

来週はいよいよ今年初の中央GⅠフェブラリーSです

私はGⅠの週のみ実際にお金をかけます

去年はクイーンカップで3連複万馬券を取っているし

フェブラリーは過去6年参戦して4度的中うち万馬券1回と個人的には好相性

さい先良いスタートを切りたいですね。

ではまたお会いしましょう。

レース回顧

こんばんはです。

今日も寒かったですね。

 

さっそくレース回顧に行きましょう。

 

まずは共同通信杯

1着 ハンソデバンド

2着 ダンノンシャンティ

3着 アリゼオ

結果 ハズレ

3頭中2頭はくるんですけどねε=( ̄。 ̄;A フゥ…

 

それにしてもNIKKEI杯組みは強いですねぇ

2歳時の格付けがここまで影響するとは・・・

この世代は完全に2強かも

ダノンシャンティらを問題にしなかったヴィクトワール

そのヴィクトワールを倒してるキングダム

新興勢力は結果的にこけてしまったがルーラーシップ位(次走は巻き返すでしょうが)

 

続いてシルクロードS

1着 アルティマトゥーレ

2着 ショウナンカザン

3着 シンボリグラン

結果 ハズレ

またしても2頭までε=( ̄。 ̄;A フゥ…

 

だから去年の秋から有馬まではワイドにしてたけど・・・

 

当たってもお金が増えない(w_-; ウゥ・・

でもいいんです

3連複でいくと決めたから

いつか大当たりするはず

 

ではまたお会いしましょう。

 

 

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード