• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

ヴィクトワールピサ 歴史的快挙!!

ヴィクトワールピサが歴史的快挙を成し遂げました!!

世界最高峰のレースの一つドバイワールドカップ

数々の日本の砂の名手たちが挑んでことごとく跳ね返されました

そんな中オールウェザー(芝の馬も走れるダート?)に代わって

芝の世界のエリートたちが挑むようになった

今年も日本馬が挑戦したがその顔触れは豪華絢爛

女傑ウオッカからバトンを受け継いだ女帝ブエナビスタ

最強世代の4歳の中でもナンバー1、ブエナを自力で倒したことのあるヴィクトワールピサ

一気に新ダート王へ登りつめたトランセンド

各カテゴリーからエリート中のエリートが挑戦して今年はかなりチャンスアリと思っていたけど

今までの歴史が歴史だけにさすがに勝つまでは・・・と思っていたけど

何のことはない日本馬のワンツーでした

頭を叩いたらまず負けないトランセンドを力でねじ伏せたヴィクトワールピサ

ブエナは前が壁になって上手くさばけなかったですけど

ヴィクトワールピサは本当にすごい馬

大好きです

父、ネオユニヴァースの早熟説を完全に払しょくはおろか

日本競馬で永遠に語られるであろうこの快挙

今の所好きな馬ランキング歴代2位に一気に登りつめました

1位のエルコンドルパサーまであと少し

点数にしてあとGⅠ1勝すれば確実に1位ですね

12年間リーディングを守り続けたエルコンドルパサーがついに抜かれる時が来ましたね

父ネオユニヴァース(歴代10位)も、勿論、好きな馬だったけど古馬になってから速攻で引退

なので実績面でどうしても劣ってしまっていたんです

その息子が快挙を成し遂げて本当に良かった

おめでとう!!

勝ちを期待されたルーラーシップは逃げてのこり200付近で失速・・・6着に

なぜ逃げたんだろう・・・と疑問が残る

差す競馬をすれば勝てたと思う、この世代の中でもトップレベルの力があるのだから

次は、金鯱賞かな。

まあ圧倒的1番人気だろうけど

ヴィクトワールピサが春天出てくれないかな?無理かな

春天→宝塚→フォワ賞→凱旋門→BCターフ→JC→有馬記念

と競馬ゲームのような豪華なローテが見えた(笑)

このうちどこまで現実になるんだろう

スポンサーサイト

サクセスブロッケン引退

こんばんはJです。

俺の好きな馬のサクセスブロッケンが引退しました

根岸13着がラストランになりました

デビュー前から気にしていた馬で

というのもお母さんのサクセスビューティも好きな馬だったのでね

その子と言うことで着目していました

福島デビューにはちょっと驚いたけど

圧勝でした

何よりダートっていうのがね

両親ともに芝なのにと思いながら

でもその勝ちっぷりから将来のスターロードが見えました

その後もダート界の新星として4連勝しました

何故か日本ダービーに出走しました

その時にもトラックマンが両親は芝馬なのでと言っていたが

調教師は芝は無理ですねとコメント

期待料込みは分かっていたけど3番人気は驚いた

俺自身も結構太めに買ってしまった

まあ好きな馬だからいいんですけどね

その後はダートチャンピオンになり

古馬へと挑むも善戦マンへと変貌してしまった

事実、当時は化け物が2期もいたからしょうがないのかもだけど

ちょっとショックでしたね

でも明け4歳になってカネヒキリ、ヴァーミリアンを粉砕して

新王者へ

これからどれだけ勝利を積み重ねれるかと思った矢先

また勝利から遠ざかってしまいました

王者もあっけなくエスポワールシチーに奪われて

東京大賞典を勝った時は復権かと思ったけど

完全に時代はエスポワールへ

結局、最後は不慣れな距離で終わってしまった

どうせならフェブラリーで引退すればよかったと思うけど


でも一番納得がいかないのは種牡馬になれないことですね

シンボリクリスエスの後継種牡馬でしょ

何で?

これがSS系ならともかく代表産駒じゃん

他にGⅠ馬は居ないわけだし

それに血統構成も悪くないはずだし

よく分かんないですね


就職先が乗馬だなんて悲しすぎる


でも決まった事なんでしょうがないです

長い間お疲れさまでした


ふがいない

こんばんはです。

今日のレースの感想。

勝たなければいけなかったトップカミングとOPに毛が生えた程度の相手に見せ場無しのリトルアマポーラ

まずはアマポーラから

前に行きたい馬が多かったとはいえ

枠順を利用して逃げてもよかったのでは?

確かにオースミは一気に来たけど

それでも2番手はつけれたはず。

中館さん9Rのネオレヴォリューションの残像残りすぎ!

 

次にトップカミング

これはヒドイ

直線むいて2着馬と同じ位置で伸び負ける

アリエナイ

トップカミングはなんかスマートギアみたいになりそうですね。

今日のレースの感想はこんな感じで行きたいと思います。

明日は当たるといいな。

ではまた会いましょう。

 

プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード