• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

高校野球 15日目

こんばんはJです。


今日の結果


日大三(西東京)11-0光星学院(青森)

やはり圧勝・・・というか公開処刑みたいな感じでしたけど

序盤は何とか秋田が頑張っていたけど

7回・8回で崩壊してしまったね

でも良く頑張っていましたけどね

結局、二桁安打で快勝しましたね

見事な優勝でした

これで10年ぶりの優勝

日大三は決勝に進めば100%優勝ですね

ま2の2ですけど

光星学院は東北勢初の優勝とはなりませんでした

でも良く頑張りましたね


選手のみなさんお疲れさまでした!!


スポンサーサイト

高校野球 14日目

こんばんはJです。


今日の結果


光星学院(青森)5-0作新学院(栃木)

光星学院の秋田が完封で決勝進出

東北勢初の優勝なるか

今大会で一番の出来かもしれなかったですね秋田は

2塁を踏ませたのがたったの3回ですからね

見事でした

作新学院は最後まで秋田を攻略することができませんでした

それに尽きます



日大三(西東京)14-4関西(岡山)

序盤は引き締まった好ゲームでした

終盤に猛打の日大三が一気に得点

スコアだけを見れば予選かというレベルですけど

本当に途中まではどっちに転ぶか分からない展開でしたからね

5回からエース吉永が出た当たりから

徐々に日大のペースになった気がします

これで優勝した2001年以来の決勝ですね

決勝でも二桁得点ですかね

関西は本当によく頑張っていたけども

あれだけ点差が一気に付いてしまうとキビシイですね


決勝


日大三(西東京)VS光星学院(青森)

構図としては光星学院の秋田がどこまで踏ん張れるかがカギ

一度流れを渡すと一気に持っていかれるので

今日みたいなピッチングが要求される

日大三は普通にやれば余裕で勝てそうだけど

打線がもし湿ってしまったら・・・

位ですかね不安は

まず優勝すると思いますよ


高校野球 13日目

こんばんはJです。


今日の結果


作新学院(栃木)7-6智弁学園(奈良)

逆転に次ぐ逆転で面白い試合でした

最後は作新学院が勝利をおさめた

智弁学園も4回から青山を投じて

必勝態勢だったが

9回に逆転を許してしまった

これで作新学院が49年ぶりのベスト4進出ですね



日大三(西東京)5-0習志野(千葉)

関東対決は日大三に軍配

試合内容も投打に圧倒

ベストの状態でベスト4入りですね

大会前から優勝候補の一角だったが

いよいよ優勝が見えてきた

習志野は投打に圧倒されてしまった

ここはしょうがないかな



今日の見どころ


作新学院(栃木)VS聖光学院(青森)

似たようなチーム事情の対決ですね

問題は投手陣ですね

なか1日の休みのある聖光学院の秋田に対して

連投の大谷

この差が響きそう


日大三(西東京)VS関西(岡山)

ここは日大三の勢いが疲労を超えるかどうかですね

関西は立ち上がりの悪い吉永を序盤で捉えられるかが鍵か

日大三がそれでも有利ですかね

高校野球 12日目

こんばんはJです。

いよいよ大会も終盤ですね

ここからは死闘につぐ死闘ですからね

頑張ってほしいですね


今日の結果


光星学院(青森)2-1東洋大姫路(兵庫)

チャンスを確実にものにした光星学院がベスト4へ

チャンスは両チームとも互角で

やや東洋大姫路のがおおかったきがする位で

引きしまった試合でした

これで過去最高のに並んだ光星学院

目指すは全国制覇



関西(岡山)8-3如水館(広島)

やはり関西が勝ちましたか

ローテ的にきつかったでしょうからね

その割にはよく頑張ったと思います

関西は完勝でした水原ー堅田の継投が決まり

打っては13安打で粉砕

初のベスト4進出ですね


今日の見どころ


智弁学園(奈良)VS作新学院(栃木)

ここは智弁学園が有利か

3回戦では9回に大逆転をして打線が息を吹き返してきた

特に青山の出来に左右されるので

そこが勝負の焦点となる

作新学院も大谷のの出来次第

両エースがどちらがチームに勢いをつけるかが勝負



日大三(西東京)VS習志野(千葉)

ここは日大三が有利ですかね

自慢の打線が絶好調

どこからでも得点が取れていて切れ目がない

投げてもエース吉永が粘りのピッチングで大崩れしない

総じて完成している

習志野は機動力を生かして先制攻撃を仕掛けたい所

投手陣の踏ん張りも必須


高校野球 11日目

こんばんはJです。


今日の結果


習志野(千葉)2-1金沢(石川)

金沢の釜田の夏が終わりましたね

好投手だっただけに残念です

習志野は少ないチャンスをしっかりものにした

これでベスト8入りですね


作新学院(栃木)6-3八幡商(滋賀)

作新学院の快進撃は続きますね

大谷も8安打を打たれながらもしっかり完投

八幡は遠藤が頑張ってはいたのだが

最後のチャンスを生かせなかった

遠藤はもっと見たかっただけに残念です


如水館(広島)3-2能代商(秋田)

如水館がまたもサヨナラで初のベスト8進出

正直、如水館が初のベスト8ってのにビックリしてます

能代は保坂の頑張りが実らず敗退

最後までよく頑張ってましたけどね


日大三(西東京)6-4智弁和歌山(和歌山)

強打同士の対決は日大三に軍配

序盤はワンサイドゲームかと言う位の差だったが

終盤に徐々に智弁が追い上げてきた

それでもエース吉永は終盤に149キロを出すなど絶好調

最後まで捉えきれませんでしたね



明日の見どころ


東洋大姫路(兵庫)VS光星学院(青森)

東洋大、原と光星学院打線の構図ですね

わずか1失点の鉄壁ぶりに対して

2試合で22点という強打ぶり

すごくいい勝負になりそうですね

東洋大のがやや上かな


ベスト4一番乗りはどっちだ?


如水館(広島)VS関西(岡山)

ここは関西がすごく有利ですね

日程的な意味もそうですし、投打に安定感がある

不安があるとすれば接戦に持ち込まれて

粘りを発揮されること位か

如水館は疲労回復が鍵でしょうね

そこをこなしてもまだ不足している

また延長に持ち込んで勝つパターンを狙う





プロフィール

日下部あやの

Author:日下部あやの
通称

生年月日
1985年3月26日

趣味
ランキング制作、萌えさがし、
スポーツ観賞、競馬 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード